後悔しても遅い!家を建てる時に注意したい3つのポイント

後悔しないマイホームの買い方

管理人の私はまだマイホームを購入したことはありませんが、友人夫婦、先輩、知人などで「新築の家を買ったんだよね」「マイホームを手に入れたんだよね」「この家を買おうと思っているんだよ」など結婚や子供が産まれたタイミングで家を買おうとする人が多いです。

あなたの周りでもきっとそういう人が多いと思いますし、今これを見ているあなたがまさに家を買おうとしているかもしれません。

もしそうならこの記事はとても参考になると思います。

なぜなら今回、私の親しい宅建士の人から『家を建てる時に注意したい3つのポイント』をコッソリ教えてもらったからです。

家は人生で1番大きな買い物ですから、「家を建てたけどこんなはずじゃなかった」など、後悔をしないようにするためにも以下の内容を参考にしてくださいね。

家を建てる時に注意したい3つのポイント


家を建てる時に注意したい3つのポイントとは・・・

1.住宅ローンの組み方
2.不動産会社の選び方
3.住宅の構造・設備・木材

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

いつの時代も住宅ローンに悩まされる人は多い


これから夢のマイホームを手に入れようとしている人には申し訳ありませんが、家を買う前に「金銭」について考えなければ、家を買った後の人生が「借金に追われる」ことになりかねません。

現実問題としていつの時代も住宅ローンに悩まされる人は多いです。
マイホームを購入した人の中には、『家を買って後悔した』という人は少なくありません。そしてその理由として1位に挙がるのが「住宅ローン」です。

では「失敗しない住宅ローンの組み方」はどんな組み方かと言うと、『借りれるから返せると思わないこと』が重要です。

注文住宅を購入している人の中には、しっかりと住宅ローンを見極めて家を手に入れて幸せに暮らしている人も多いです。そのような人達が、なぜ破綻しないのかと言うと、家を買う前に『住宅ローンの比較をしていた』からです。

住宅ローンで絶対に失敗したくない人、これから住宅を購入しようとしている人は、一度、住宅ローン比較サイトを見る事をお勧めします。

不動産会社・ハウスメーカー・工務店などの選び方


念願のマイホームを手に入れて後悔する人の中に「不動産会社をもっと吟味して選べばよかった」と思う人は少なくありません。

大体の人が家を買うときに気にするのが「価格」「デザイン」そして「業者が大手かどうか」です。

しかし、大手の不動産会社だから大丈夫だろうと思っていたけど失敗した、後悔したという人は実は少なくありません。

ですので「テレビCMで知っていたから」「不動産会社の名前をよく耳にするから」などという安易な理由から不動産会社を決めるのではなく、自分たちの状況(予算、理想や希望など)を把握して、寄り添って一緒に考えてくれるような不動産会社やハウスメーカー、工務店を見つけることが大事になります。

理想の業者を見つけるためには、何社にも出向いたりして比較検討をすることが重要になります。

住宅の構造・設備・木材を知ろう!


先ほども言いましたが、大体の人が家を買うときに気にするのは「価格」「デザイン」などがメインでしょう。きっと住宅の構造や設備、木材などを気にする人は少ないと思います。

しかし、実際に家を買って住み始めるとだんだんと家の構造、設備、木材について気になってきます。なぜなら季節が変わるごとに家の気になる部分が変わってくるからです。

例えば、春は比較的に気候も穏やかですが梅雨の時期になれば「家の湿気がとても気になるんだよね」とか、夏になると「なんだかとても暑いんだよ」冬になれば「家が寒すぎる」など、他の人の家に比べて気になる部分が増えてきます。

家を買って数年後に欠陥住宅かも?となっても遅いので、せっかく注文住宅で家を建てるならある程度のことは知っておく必要があると思います。

とは言え、難しい知識を知る必要はありません。季節が変わっても快適な住環境が手に入るようにするためにも、業者に注文する際に気になる部分を「防音や断熱について教えてください。「快適な環境にしたいです。」「この木材とこっちの木材は何が違うのですか?」などと伝えたり聞いてみるだけでもいいと思いますよ。

「建売住宅」だけは買うな!


余談ですが・・・・・

今回お話した家を建てる時の注意点は主に「注文住宅」で家を建てる場合ですが、それ以上に注意というかあまりオススメしないのが『建売住宅を買うこと』です。

建売住宅の場合、「すでに建っている家」=「材料やデザイン等すべて決まっている家」を買うことになります。そのため、価格も低い住宅が多いです。

よく不動産販売営業マンが「こちらの物件、新築なのでオススメですよ」と営業トークを言ったりしますがその背景には「新築物件は不動産会社が儲かる」または、「売りやすいから売っている」のです。

新築だからオススメではないとは言えませんが、建売住宅は木材にこだわっているという住宅ではなく不動産会社の儲けの方が大きい場合があるので、設計の自由度が高く、間取りや内外装のデザイン、設備も含めて自ら指定する事が可能な注文住宅の方が良いです。

建売住宅と比較すると価格が上がることも少なくありませんが、その方が結果的に納得のいくマイホームが手に入りますよ。

もし注文住宅を検討する場合は、ハウスメーカー、工務店などの選択は間違えないようにしましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。