不動産(戸建・マンション)を売却!損をしない方法を解説します!

マイホームを賢く手放す方法

今回のお話はマイホームを手に入れたけどどうしても事情があって手放す人もいると思います。

その場合、戸建て・マンションに限らず売却する時に損をしたくないと考える人も多いでしょう。

そのためにも戸建て物件もしくはマンションといった物件を売却したい時に納得がいく結果になるようポイントを抑える事が大切です。また、損をしないためには不動産会社から示された価格に関しても慎重に考える必要があります。

不動産を売却する時は慎重に進めよう


売却する物件の種類(戸建、マンション)に関わらず売却を検討している時には、不動産企業に価格査定をしてもらう事になります。その時に提示された査定結果(金額)を元にして売却する価格を決めますが、示された査定結果がそのまま売却価格になるとは限りません。

契約の取り付けを優先して周囲の相場に比べて高めの魅力的な価値が示される事例も珍しくないですが、相場よりも高めの価値が示された時には購入を希望する方が現れず、後から大きく販売価格を引き下げる必要に迫られる事もあります。

後から販売価格の引き下げなどを行わなくても良いように、不動産企業側から査定結果が示された際には価格が妥当である事を見極める必要があるので慎重に進めましょう。

不動産会社の選定も重要です


不動産の売却といっても不動産会社が査定した時、実際に買う側との間で交渉などのやり取りをする時には、仲介する不動産企業が得意としている分野について目を向ける事も大切です。一言で不動産会社と言っても戸建て物件の売買を得意としているところもあれば、マンションの売買を得意としているところがあります。もっと言えば戸建て物件の中でも新築物件の売買に特化しているといったように細分化されています。

また、売買する不動産会社の営業エリア・店舗が位置しているエリアだったら強いとか、大きなネットワークを有していて広い範囲がカバーできる場合などもありますので土地柄を十分に考慮しなければならない時などは地域に密着している不動産会社に売買の依頼をすると安心です。

住宅の相場なども十分に考えながら売り出す


そして、売り出す時の価格設定も損をしないためには重要性が高く、売却する側はできるだけ高い価値で購入してもらいたいという気持ちを持つため企業が示す価格よりも少し上乗せをする傾向にありますが、上乗せする金額が大きすぎると購入を希望している方の目に留めてもらえなくなり、購入されないまま時間が過ぎていきます。

時間の経過と共に不動産が持つ価値も低くなっていくので、示された価値よりも上乗せして販売する時には程良いバランスや住宅の相場なども十分に考えながら売りに出す事が結果的に損をしない事に繋げられます。

売却予定の住宅は綺麗にすべし!

また、査定の価値や売却時の価格に著しく大きく関係するわけではないものの、意識的に行っておけば早い段階で購入を希望している方から購入してもらえるようになるのが、きっちりと掃除を行ったり残置物を溢れさせないようにする事です。

室内が整理・整頓されていなくて散らかった状態になっていたり、掃除が行き届いていなくて汚れた印象が感じられると立地や間取り、物件自体に魅力を感じて内覧に訪れてくれた方が居ても購入意欲が低下してしまいます。

水回りを綺麗にする理由


室内が広くなかったり部屋数が多くなくても、室内に必要の無い物を置いておかないようにして物の数を減らすだけで広く見えますし、モデルルームのように見てもらえるようにもなるので購入を希望している方が入居して生活を始めた時の生活がイメージしやすくなり速やかな購入に繋げられます。

中でも、水回りやキッチンなど丁寧かつ綺麗に使用していても汚れが蓄積しやすい所が綺麗になっているとますます良い印象を持ちやすくなるため、水回りやキッチンを清掃を専門的に行っている業者に掃除してもらうのも良い方法です。

取引を円滑に進めるには「特例」も忘れずに!

加えて、手放す時に損をしない方法としてはまだ対象となる物件にて生活をしながら売却をする方法も挙げられ、買主との間で契約を締結した1週間後に引き渡しを行う流れになるので、引き渡しをする前日などに退去すれば住み替えなどに関して必要になる費用が抑えられます。

尚且つ、売却をした方を対象にして利用可能な特例なども存在するため不動産会社などとやり取りをする際には特例に関する情報共有もしておくと安心ですし円滑に進めることができますので参考になさってくださいね。