家のトイレをリフォーム!費用が安くなる方法とは?

トイレのリフォームは「約15年」が目安!

戸建、マンションに限らず住宅を購入し住み続けていくと必ず「リフォーム」する時期が訪れます。

外壁や壁紙、フローリングはもちろんですが、特に「水回りのリフォーム」は注意が必要です。

リフォームをせずにそのまま放置して過ごせなくはありませんが、老朽化してからのリフォームは最終的に高額なコストがかかってしまいます。そのためにもリフォームする時期の目安は非常に大切になってきます。

トイレのリフォーム時期は「約15年周期」が目安と言われています。
使い方などでこの時期は前後しますが仮にリフォームする場合、どんなことに注意をする必要があるのでしょうか。

今回は家のトイレをリフォームすることを想定してポイント・注意点などをお伝えします。

「リフォーム業者の選び方」が鍵を握る!


家のリフォームをする場合、トイレだけでなくその他の部分も一緒に行うとコスト削減になります。しかし、肝心なのは「どの業者に依頼をするか」です。

リフォームで失敗しないためには「リフォーム業者の選び方」が鍵を握ります。

どんなリフォーム業者を選べばいいかと言うと、一言で言えば「安くて信頼できるコスパのいい業者」です。

「安くて信頼できるコスパのいい業者」を見つける方法

トイレのリフォームに限らず、安くて信頼できるコスパのいい業者を見つけるためには当たり前ですが「複数の業者から見積もりを取る」ことが大事になってきます。

なぜなら、トイレ全体を丸ごとリフォームする場合の工事費用の相場が「20万円〜50万円」と幅広いからからです。

トイレのメーカー、種類さらには業者の工賃などによって価格が変わってきますので1つの業者に依頼するのではなく、まずは複数の業者に見積もりを取ることをしましょう!

トイレの種類や交換するタンク等でリフォーム費用が変わる


先ほど、トイレのメーカー、種類などで価格が変わると言いましたが、例えば、通常タイプの製品で「洋式トイレから同じ洋式トイレ」に交換する場合の費用は『約30万円』以内、「和式トイレを洋式トイレ」にする場合の費用は、『約40万円』以内で実施できたケースが多いと言われています。

また、タンクありのトイレに比べ、タンクが無いタイプのトイレにする方が3万円〜5万円ほど高くなってしまう可能性が高いです。

トイレだけでなく壁紙、床も一緒にリフォームしたい!

トイレのリフォームでは、トイレのタンク・便座以外に床や壁紙も変えるかどうかを考えなければなりません。

汚れた壁紙、床を残したままトイレ自体だけ交換しても構いませんが、せっかく綺麗にするのですから床や壁紙も一緒に交換する方が自然ですし一緒にリフォームする人が多いです。

また、床や壁はトイレから弾いたバイ菌などが沁みていたりします。美装(掃除)すればある程度は落ちますが、トイレ空間は目に見えない汚れもありますのでできれば床や壁紙も一緒にリフォームすることをお勧めします。

確かに費用はその分かかりますが、これまで使っていたトイレ自体の大きさも変わる可能性がありますのでそれに合わせて床、壁紙を交換することで「トイレ空間全体」が綺麗になるのでどうせなら変えた方が気分も良いですし結果的に家を大事に使用し続けることができますよ。

こんなにあるの!?トイレのリフォーム事例!

実際にトイレのリフォームをした人の感想!

もっと事例を見るならこちらをクリック